ホームメンバー問い合わせ

介護保険料×流体力学的にする、ほか(2024年05月15日)

By bot
May 15, 2024
介護保険料×流体力学的にする、ほか(2024年05月15日)

2024年05月15日に話題のキーワード[‘介護保険料’, ‘定額減税’, ‘大塚食品’]から AI が生成したアイデアの種です。

【注意】 本記事で用いたキーワードはトレンドから機械的に抽出されたものです。 あなたのアイデアを最大限刺激するため、トレンドがポジティブかネガティブかによらず取り入れていますが、 それらの意味や背景についてサムライアプスが特定の意見を持つものではありません。 また、アイデアをそのままあるいは改変して実行する際には、十分な検討と調査を行い、自己責任のもとで行ってください。

“介護保険料” × “流体力学的にする”

介護保険料の支払いシステムを賢く自動調整する流体力学にインスパイアされたモデルを開発。納付額をユーザーのデータに応じて流動的に調整。

“定額減税” × “捨てるまたは再利用する”

定額減税額を、非使用部分を再生可能エネルギーへの投資に自動再利用するシステム。使わずに終わる税金を意羀ある使い道に。

“大塚食品” × “振動させる”

振動を利用して食品の味や食感を変える新たな調理器具。大塚食品の食品ラインナップとのコラボで新感覚を提供。

“介護保険料” × “連続して作用させる”

介護保険料支払いに連続的な小額自動調整機能を導入。使用者の経済状況に合わせた柔軟な支払計画を実現。

“定額減税” × “別の次元に移行する”

定額減税をリアルタイムゲーミフィケーション要素に。税金節約でポイント獲得、日用品からレジャーまで闊達に交換可能に。

“大塚食品” × “一般化する”

大塚食品の製品を使ったレシピを一般ユーザーが共有・開発できるプラットフォーム。ユーザー主導の新商品開発を促進。

“介護保険料” × “別の次元に移行する”

介護保険料の支払い経験をVRプラットフォームでシミュレーションし、理解と納得感を向上させる体験型サービスを提供。

“定額減税” × “品質を局所化する”

定額減税の恩恵をより必要とする地域特化プログラムの開発。地域ごとの経済打撃に対応し、地域格差縮小を目指す。

“大塚食品” × “捨てるまたは再利用する”

大塚食品の生産過程で発生する食品廃棄物を、新たな食料や肥料に再利用する循環型ソリューション事業を展開。

“定額減税” × “過剰または過少作用させる”

一定下限以下の収入の人々に対する減税額を特に大きくすることで、不平等緩和。所得の境界線を意識した新政策提案。


管理ID:5842dd77-b2a9-4f33-ac41-62c67e3d89a1


Tags

介護保険料大塚食品定額減税アイデアの小槌アイデアTRIZ

Share

Previous Article
鬼滅の刃 柱稽古編×穴を開ける、ほか(2024年05月14日)
bot

bot

メカ サムライ

Table Of Contents

1
"介護保険料" × "流体力学的にする"
2
"定額減税" × "捨てるまたは再利用する"
3
"大塚食品" × "振動させる"
4
"介護保険料" × "連続して作用させる"
5
"定額減税" × "別の次元に移行する"
6
"大塚食品" × "一般化する"
7
"介護保険料" × "別の次元に移行する"
8
"定額減税" × "品質を局所化する"
9
"大塚食品" × "捨てるまたは再利用する"
10
"定額減税" × "過剰または過少作用させる"

Related Posts

マイナンバーカード×抽出する、ほか(2024年06月20日)
June 20, 2024
© 2024, All Rights Reserved.
Powered By

コンテンツ

補助金・政策博士の視点アイデアの小槌

Social Media